ピアノ <Lesson8>

H25.2.16(土)曇時々雪 PM4:30~ 45min


教 本 バーナムピアテクのグループ2の4、2の5番

課題曲 言葉にできない(作曲:小田和正)

課題曲 Menuett G dur BWV.Anh.114 / J.S.Bach 



<レッスンメモ&復習>


【バーナムピアテク】


① グループ2の4

OKもらえました~!!
苦手だったスタッカートが意外とすんなりOK。
注意点というと、やはり小指
動かし方を常に意識せねば。

レガートとノンレガート。
この違いをきっちりつけたい。
レガートって音のつながりをなめらかに、でも、音が重なって響きが濁っちゃダメ。
ノンレガートは音とのつながりはなめらかではないけども、音の長さは次の拍までとらんとダメ。

これって、すごく難しい
ノンレガートも、ちゃんと次の拍まで音とると、レガートとの違いが曖昧に・・・。

先生と確認しながら、熱く検討し練習方法を探る。
レガートの奏法のときは、やはり、フレーズで弾くようにする。

音とのつながりがなめらかになっても、1拍1拍おっていると、ノンレガートっぽくなってしまう。
2小節ごとにスラーがついてるようなイメージがいいかもしんない。

ただ、1拍の中の8分音符2つめ。
これは、1っこ目の8分音符より弱めに。
そうしないと、拍が曖昧になって、4分の4拍子が崩れる。

_ノ乙(、ン、)_

これ重要ですな!
拍子感大事~。

m9っ`・ω・´)



② グループ2の5

和音の時の移動に注意!

手をすばやく動かし、目指す鍵盤の位置を目指す。
弾く音の上に指を準備をする。
それらがきっちりできてから、指の付け根から指を動かして、同時に音を鳴らす。

ここはそれが重要
音楽的にも、それぞれの和音で、アクセントのついたスタッカートで始まる。
なので、この練習は、1小節ごとに、ブレスを入れてしかっり練習。



③ グループ2の6

トニック=主音 C
3和音 CEG

ドミナント=主音Cから5番目の音 G
3和音 GHD

という構成になっている。


画像



注意は②のグループ2の5と同じ。





【言葉にできない】


終わり!!!

キタ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!!

長かった。
果てしなく練習を繰り返す日々。
こんなに、苦労するとは誰が想定しえたであろう、いやできまい。

おかげで、花丸貰えました。

画像


(ノд-。)

嬉しい、というよりホッとした心境。

初心者さんの中で一番です。

だって!
て、なにが?
仕上がった時間が長いのが?
それとも、できるようになったのが早かった?
まさか、それはないだろう。

と不思議に思ってると。
「ちゃんと弾けてるのが」だそうです。

ウホッ。

ニヤニヤ (≧艸≦)

先生褒め上手。
チェロォはおだてられて伸びるタイプ

ツボを心得てますなw

しかし、短い練習の曲としてもらってから、1ヶ月半。
たった8小節に、1ヶ月半。

ないわ~。
時間かかりすぎ

このリズムパターンが今後出てきたときは、さらっと弾けるように、常に練習しとこw

永遠の教科書に認定!

(*´∀`*)




【Menuett G dur BWV.Anh.114 / J.S.Bach】

メヌエット ト長調


ちょっと練習不足な感じで臨んだのだが、止まることなく全部弾けた

え、すごい、さらっといけましたね・・・。
あれ、簡単すぎました?

と驚いてくださった。

ふははは!
楽勝っすよ。

・・・。

ウソです。
すんません。

○┓ペコ

いえいえ、簡単なんてとんでもない。
最初に指番号教えてもらった次の日までは、もうメタメタ
なにやってるのかさっぱり。

そこから、メトロノームつかって、鍵盤の位置確かめて、1小節づつ練習。
できたら、ブレスの位置まで、徐々にできる小節をつくって、全体へ。
でも難しくて、できないところがどうしてもでてくる。
そういうところを、前の小節から、その難しいところの小節までの2小節を繰り返し練習。
できるまで。

あとは、どこからでも始めれるように、ランダムに曲のまとまりになってる、2~4小節単位で、練習。
練習練習また練習、そして練習
で、やっとこ、たどたどしく弾ける状態になってるだけ。

「簡単に」なんて、とんでもございません。

と話したら。
練習の仕方に大変、感心してくださいましたw

てか、そうしないと、曲にならないんだなコレが。
つくづく、音楽の才能がない。

(〃ノωノ)

曲もらってから約1ヶ月。
そこそこ形になってきた。

先生からは、ピアノうまいです。
とのお言葉が!

むふーん。
初心者だから、ちょっと形になるだけで、こんなお褒めの言葉がもらえるんだろうな~。
勘違いしないように気をつけねばw

キレイな曲なので、もっと弾きこんでいきましょうね!
と、次回から曲の完成度を高める方向になるようだ。

ま、現在のところ、なんとか弾けてるだけって状態だしな。
がはははw

精進しますです




<新しくもらった曲>


【ジムノペディ 第1番 -Gymnopédie No.1- / E.サティ】


フランスの近・現代音楽♪

メヌエットがキレイで端正な曲だったので、暗く沈んだ物悲しい曲を!
という希望をお伝えし、先生に選んでいただきました

ん、いい感じにしっとりした曲。
チェロォの好きな曲でもありまする。

ただ、和音とペダルが難しそうw




<次回レッスン時までの予習&課題>

① 今までやったこと全部
② ジムノペディ第1番の譜読み






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック