チェロ <Lesson11~14>

H23.11.26(土) 晴

そして
H23.12.10(土) 曇
H23.12.24(土) 曇
H24.01.14(土) 曇
いずれもAM11:00~ 1h


レッスンの記録をつける目的で書き始めたメモ。
だがしかし、レッスン・・・依然指摘を受けるところは、いつも同じ(笑)。
いやん、新しく書くことがなにもない

気をつけてはいるつもりなのだが、気がつくとやはり同じことをやってる模様。
左手の音程については、どうもG線上のHの音が甘くなるみたいだ。
弦を移動するときに、開いていたはずの薬指と中指の幅が狭く閉じ気味になってしまう。
これがC線だとそうでもないのが不思議

右手については、今日もめいっぱい注意を受けてしまったのである。
がーん( ̄□ ̄|||)

まず、A線からD線に移行するときの角度の切り替えが悪い。
そのことで、音が暗く濁ってしまってる模様。
A線に限らずダウンの時、肩が力んで腕が自然に開ききってない。
そのため、弦に弓がムリに押し付けるような力が伝わって、音がキレイに響かない。
などなど

教本の課題の曲。
超短い曲なのに、スムーズに音が鳴らせないのが問題だなー。
今日は「楽譜見なくても弾けるように覚えてしまってください」ってお達しが(笑)。

楽譜、ガン見しないと弾けない人なので、これはヤバイ!
でもこの先、スラーやスタッカートなどのヴァリエーションが課題に付記されてるし、
右手のこと注意してたら楽譜なんてみる余裕なくなるので、覚えていかないといけないねー。

てか、曲めちゃくちゃ短いんだから、それぐらい覚えろよ、ボケぇ!
って話。
うん、わかってる、みなまで言うな。
けどね、もう30歳も越えると物覚えが悪くてのぅ。
ゴホゴホッ。

次回のレッスンまでに、このスッカラカンの脳みそにインプットできるのだろうか?
(ノд-。)
次号を待て!

今日も、なんやかやと注意点をさらってる間に1時間。
こんなに進み悪い生徒も他におらんやろなー。
反省。
先生、ごめんよー。
でも、ちょっとは前回のレッスンよりマシにはなってるハズ?
なので、大目にみておくれ
(〃ノωノ)

先生オススメの練習曲集。
LEE チェロのための40の簡単な練習曲(2番チェロによる伴奏付き) 作品70
ベーレンライター版
ようやく入手。

中をよく見る。
ええええ、最初から3連符のスラー付、しかもアルペジオ満載。
ど、どこが40の簡単な練習曲なんじゃ。
これ、ちゃんと弾くの苦労しそう。

譜面的には確かに簡単なんだけど・・・。
弦楽器って本当大変(笑)。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック